すぐにお金が必要なら頼るべきは友人知人

何らかの事情ですぐにお金が必要になったとき、手元に現金がないのはとても不安です。銀行やネットバンクの預金残高に余裕があればまだ良いですが、そうではないときに現金を用意できないととても不安になってしまいます。

やはりお金は日常生活の中でなるべく余裕があるに越したことはなく、いざというときに何とかできるくらいのお金は常に持っていたいところです。しかし、不景気な世の中で収入も横ばいがやっとの中、計画通りに貯金をしている人がどれくらいいるでしょうか?よほど高収入で計画性を持っている人でない限り「日々の暮らしで精一杯」という人が多いはずです。ましてや労働者の4割は非正規雇用者であるという事実もあるわけですから、それは何も珍しくて遠い国の話というわけではないのです。日本でも生活するお金に困っている人は枚挙にいとまがないほどいます。

そんな状況ですぐにお金が必要となったら、果たして臨機応変に対応することができるでしょうか?人によっては対応できる人もいるでしょうが、そうでない人もいます。そして、そんなときは何を頼りにすれば良いのでしょうか?一ついえるのは消費者金融を利用するということですが、それに抵抗がある人もいます。それならば、これはもう自分で培ってきた人脈や人間関係を頼るのが最も手堅いです。

何回も頼ってしまうのはさすがに無理としても1回くらいなら周りが助けてくれるものです。普段から横柄にふるまっていて人望がないというのならそれも期待薄ですが、そうでなければすぐにお金が必要なとき誰かがお金を貸してくれるかもしれません。日本人はマジメな性格の人が多くて「知人に貸しを作るのはちょっと遠慮したい」と、ついつい堅苦しく考えてしまいがちです。しかし、助け合いを求めることは人として何も間違っていないですし、よほどだらしがない生活をしていないのならば頼っても平気です。ですので、すぐにお金が必要なら頼るべきは友人知人なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ