ネット収入を得るために必要な心得

必要以上に個人情報を取引先に提供しないことは、ネット収入を得るときには最も重要な心得と言えます。氏名ぐらいであれば伝えても差し支えありませんが、電話番号や住所の情報も同時に提供することはいただけません。取引先は、悪意がなくても個人情報を流出させてしまう可能性があるからです。

世の中には専門家でさえも対処することができないコンピューターウイルスが多数存在しているので、それらに感染してしまえば対策を講じているパソコンであってもデータが流出する確率は高いです。そもそも直接会って商談する機会が皆無に等しい事例が多々あるために、住所などの重要情報を取引先に教える必要はありません。

氏名および銀行口座番号さえ伝えておけば取引を完了させられる案件ばかりなので、特に理由がない限りはむやみに個人情報を提供しないことが大事です。

自分の実力を過小評価しないことも、ネット収入を得る際には大事な心構えです。たとえば、ソフトウェアを作成する案件において相場価格よりも著しく低い単価で依頼が舞い込んできた場合を想定します。

作業経験が浅くても、安請け合いすることなく値上げ交渉に踏み切るべきです。相場価格に近い単価を提案するに越したことはありませんが、なるべく高い報酬を支払ってもらえるようにする必要があります。ここで知っておくべきことは、値上げ交渉しても取引先から仕事の依頼が舞い込んでこなくなる可能性は皆無に等しいことです。

むしろ、自己主張してくれる取引先とは本音で語り合えるので長期的にビジネス関係を締結しようとさえ考えてもらえます。自信過剰なぐらいがちょうど良いというわけです。

どんな方法によって得たネット収入であれ、たいていは銀行振込で報酬が支払われます。口座情報を取引先に伝える必要がありますが、必ず自分のものである必要があります。税金の支払いが必要であるほど稼いでいれば、振込先口座の持ち主に納付通知書が届くからです。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ