どうしてもお金が必要になる前に考えること

生きていると、計画的に暮らしているつもりでもある日突然お金がいる、という時が何度もきますよね。いったいどういう時かというと、多くは冠婚葬祭です。結婚式はあらかじめ分かっているとはいえ、毎回かなりなお金が飛んでいきます。特に女性はヘアからドレスからアクセサリーにバッグなどの小物類、それからエステやネイルサロンなど、結婚式のご祝儀の何倍もお金と時間をかけることになります。もしも、その時のために資金をためて、なんとかやりくりしたとしても、その式の翌日から生活するお金がなくて、どうしてもお金が必要になる、ということもあります。また、お葬式などあったときはそれこそ急なことですし、その時もお金がない、では済まされないのです。このように、どうしてもお金が必要となったときに、どのようにお金を用意するか、そういった心の準備、実際の行動と言うのは、あらかじめ考えておくべきものなのです。

どうしてもお金が必要になる人は、様々な人がいます。若いOLやサラリーマン、それに専業主婦にパート勤めの主婦、働いているはずなのになぜかお金がいつもなくて、本当に必要なときにだすことができない、となったらとても恥ずかしいことになってしまいます。

どうしてもお金が必要はどんなときか、年に難解くらいそういうことがあるのか、なぜ自分の手元にお金がないのか、そういったことを常に意識していることが重要となります。また、どうしてもお金が必要なとき人がどんなことをしてお金を手に入れているかと言うことも知っておく必要があります。とかく人はお金の話と言うものをしたがりませんが、例えば親兄弟、親しい友人などにはこういった話をしておいても問題はありません。あらかじめ、今特にお金がない、と言うわけではないと言うことを言った上で話した方が相手も安心して答えてくれるでしょう。そのようにして、日ごろから深くお金のことについて考えるのは決して無駄なことではないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ